一人一人に合わせた家を提供してくれる東邦ハウジングに頼もう

地震に負けない家を造る

インテリア

万が一の場合に備える

地震はいつ襲ってくるかわからない災害です。万が一の場合に備えて大切な家族を守ることができる安全と安心の家を造りましょう。日本は地震大国ともいわれ、住宅の耐震性は家族の命に関わる重要なポイントです。耐震性の高い地震に強い家は、立体的にも平面的にもシンプルでバランスがとれた形をしています。複雑な凸凹が沢山あったり、耐力壁と呼ばれる地震や風など水平に働く力に抵抗できる強さのある壁が、バランス良く配置されていなければ、耐震性は低下してしまいます。構造ではよくRC造や2×4工法が地震に強い家といわれますが、木造軸組工法でも柱や梁の太さや補強金物の適切な仕様などで耐震性は高まっています。それぞれきちんと構造計算をして設計施工をすれば十分地震に強い家を建てられ、逆に頑丈な造りでも地盤や基礎土台などを無視して築けば地震に弱い家になります。つまり信頼できる依頼先を選ぶことも地震に強い家づくりの大切な条件です。現在多くのメーカーで耐震性を強くする技術開発が活発に行われています。特に注目されているのが耐震、制震、免振の3つの耐震技術です。耐震構造は壁や床柱や梁などを地震がきても揺れで壊れないように頑丈にしたり耐力壁を補強しているものです。制震構造は地震の揺れを建物が吸収してしまう、しなやかな造りです。そして免震構造は地震の揺れを吸収する装置の上に建物を建てます。免震装置は建物の揺れを大幅に軽減し、飛び散るガラスや家具の落下、火事などの二次災害も防止することから、注目されている技術です。