一人一人に合わせた家を提供してくれる東邦ハウジングに頼もう

マイホーム購入の基礎知識

一軒家

新築と中古のメリット

川西の一戸建てには新築と中古があります。新築一戸建てはまだ誰も住んでいない、ピカピカの住まいです。さらに新築一戸建ては、建売り住宅と注文住宅の二つに分けられます。建売り住宅は分譲住宅とも言って、すでに完成してある新築一戸建てです。ハウスメーカーが川西の新興住宅地に建てている、同じような外見をした一戸建てが建売り住宅です。土地とセットで売られていて、新築でも安く購入できるのが建売り住宅のメリットです。また、土地を探したり、施工会社を探したりする手前が省けて、契約をすればすぐに引っ越すことができます。0の状態から新しく一戸建てを建てるのが、注文住宅です。注文住宅の場合は、まず家を建てる土地探しからスタートします。それと並行して施工会社を探し、具体的にどんなマイホームを建てるのか決めていきます。注文住宅は、建売り住宅よりも時間も手間もお金もかかる一戸建てです。しかし、完全オーダーメイドで世界に一つの一戸建てを手に入るのがメリットです。建売り住宅や注文住宅よりも安いのが中古の一戸建てです。一度でも誰かの手に渡った家は中古になります。築年数が古いほど老朽化しているので、購入するときにはリフォーム費用のことも計算しておく必要があります。しかし、川西の中古物件ならリフォーム費用をプラスしても新築より安くなるのが一般的です。また、川西の古い一戸建てほど駅チカなどの立地の良い場所に建っていることが多く、利便性を重視する人には魅力的な住まいです。